タグ別アーカイブ: 日本代表の歴代エンブレムを集めてみた

日本代表の歴代エンブレムを集めてみた

今回は、日本代表のエンブレムを集めて簡単に紹介します。サッカーエンブレムにご興味がある方は是非ご覧ください。

1989年~1991年

・「JFA」の3文字ではなく、「THE FOOTBALL ASSOCIATION」と「JAPAN」を配置。

1992年~1995年

・「JFA」の3文字は、八咫烏の頭上に配置。

1996年~2009年

・バックの赤線は「日の丸の赤、世界への道」を意味している。
・周りの黄色は「太陽からの光、公正」を表している。

2009年~2017年

・国の代表、結束、一体感をより鮮明にするため、日の丸をイメージした赤と白で表現。
・黄色の帯は鼓動から放たれた光、公正な心(フェアプレー精神)を表現。
・白は高貴な理想である「2005年宣言」、赤は実現への情熱を表現。

2017年~

・エンブレムベースの形状をシンプルにしつつ、下部の柔らかい曲線を現状のベースから継承することで、これまでの印象を引き継ぎながらも、時代に左右されることなく愛され続ける、普遍的でモダンなデザイン。

・アウトラインを2色に整理し、太く表現することで力強さを表現。「JFA」の3文字は、八咫烏の頭上ではなく足元から下支えする位置に配した。
・BlackとGold(これまで使用していたYellowが輝き進化した色)のコンビネーションは、JFA2005年宣言で示す、高貴な理想を目指す力強い決意と格式や威厳を表現。

・エンブレムの中心にまっすぐに伸びるRedのラインはこれまでの印象を引き継ぎながら日本代表の魂、情熱を示している。JAPANのロゴタイプをエンブレムと一体化することで結束力を表現し、コンパクトで運用しやすい形状にしている。